人気のリアップ!副作用が出る確率は非常に低い

いつもと違う変化に注意

頭部とブラシ

髪の毛にストレスは大敵

髪の毛にとってストレスは大敵とされています。迷信でもなく、ストレスが髪に与える影響は科学的にはっきりとしているので、薄毛対策として常に気をつけておくことです。特に女性の場合は生活環境の変化でも、ストレスが溜まりやすいと言われています。ストレスが溜まると女性ホルモンの分泌量が低下します。そして女性ホルモンは髪の毛の生成を行う幹細胞や、髪の直接の成分であるコラーゲンの生成に深く関わっています。このため髪の成長に重大な影響が出てしまい、薄毛の進行を招くのです。もちろん男性でも同様にストレスが薄毛の原因になり得ます。男性の場合はAGAによる薄毛の進行が多いですが、これにストレスが加わるとさらに症状が加速化するため注意が必要です。

季節と抜け毛の関係

人間の頭髪は季節によって抜け毛の量が違ってくるので、これを薄毛の知識として覚えておくと安心です。さらに知っておきたいのが、抜け毛の量が増えるのが夏から秋にかけてということです。この時期は通常よりもおよそ5%程度、毎日の抜け毛の量が多くなります。一般的な成人の場合、一日の抜け毛の量は100本程度ですが、夏から秋は一日150本程度の抜け毛があります。そのため夏から秋は、他の時期よりも頭髪が薄毛気味の傾向がありますが、これは正常なため特に心配は不要です。しかし夏から秋以外のシーズンに抜け毛が増えたと感じる場合、薄毛の症状が進行している可能性があります。これに加えて髪の毛が細くなったり、頭皮が乾燥気味になるなどの変化が見られる場合、薄毛の症状を疑うべきです。